MENU

睡眠で大事なのは量よりも質!

モットン

 

質のいい眠実現するために

 

○寝る前はリラックスして副交感神経を優位にすると質のいい睡眠ができる。

 

交感神経を刺激するテレビやインターネットを見るとなかなか眠れないので注意が必要。

 

○肌を若返らせる成長ホルモンは夜の10時から夜中の2時に分泌されるからその間に就寝しておく。

 

その時間帯に起きていると、成長hポルモンの分泌が鈍り、体にはよくない。

 

眠る前のリラックスアイデア

 

半身浴をする

 

38〜40度のぬるま湯で半身浴をする。心から温まり、心と体がリラックスされていいですよ。

 

夜にホットミルクを飲む

 

カフェインなどの刺激がないホットミルクは気持ちが落ち着き眠りやすくなります。

 

アルコールは眠りが浅くなるので避ける。

 

アルコールはすぐ眠くなりますが、寝ている間にゆっくりと眠ることができない。

 

成長ホルモンなどがアルコール分解で使われてしまうので肝心な成長としての機能に働かない。

 

穏やかな音楽を聴く

 

クラシックやヒーリングミュージックなど、気持ちが安らぐ音楽を聴くと、脳からアルファ波がでて

 

リラックスできる。夜眠る用のCDなども出ているのでそちらを購入したりTSUTAYAなどで借りてもよさそうですね!

 

部屋は暗くする

 

明るい光は脳を刺激するので、眠る前は部屋を暗くすることが大切です。

 

暗いのが不安という人は白熱灯を利用したり暗めに設定すればいいかと思います。

 

体だけでなく、脳までしっかり休ませることが大切です。

 

ストレッチをする

 

体をほぐす程度のストレッチをすると、緊張がゆるみます。

 

激しい運動は脳を覚醒させるからお勧めできません。

 

ゆっくりとした呼吸や瞑想をする

 

呼吸や瞑想をすると心と体がリラックスできます。

 

吐く息を長くすると効果が高くなります。

 

【呼吸のよさ】7
○呼吸を意識することで呼吸の速さがゆっくりになる。

 

副交感神経が優位になり、緊張や不安が取れる。

 

○自律神経がコントロールでき、ストレス解消になる。

 

○体への意識が敏感になって、自然治療力が高まる。

 

【効果的な呼吸の仕方】

 

@椅子に座る
満員電車など、すわれないときは立ったままでも大丈夫。
目は閉じて、あごは軽く引く、肩の力はぬく。背筋は伸ばす。手は楽な状態で膝に置く

 

ポイントとしてはゆっくりと呼吸のひとつひとつを味わい楽しむようにする。まずは3分間続けていこう!