MENU

睡眠は重要

1年に必要な睡眠時間は7〜8時間と言われています。日本人の平均寿命は男性が80.2歳、女性が86.6歳なので

 

私たちは1勝のうちにおよそ23年ぐらいをまるまる寝る時間につかってるんです。

 

人生の3分の1を費やす睡眠において約8割の人が何らかの悩みがあると言われています。

 

全ての人において共通してるのはぐっすり眠れていないということ。

 

それを解決してくれるのは「自律神経」です。

 

睡眠sy当該を抱えている大半の人は、ストレスを抱えています。その結果

 

自律神経が乱れた状態にあります。

 

私も若いときは多忙による睡眠不足が続いた結果、かなり体を壊してしまいました。

 

そんなとき質の高い睡眠は、緊張や興奮状態をリラックスさせてくれました。

 

それから睡眠と自律神経について気を使うようになりました。

 

今では、以前よりも忙しい日々を過ごしていますが、書いてきな眠りを送ることができています。

 

心身のコンディションはもちろんですが、仕事のやり方も大きく影響してくる睡眠の大切さを大いに実感してます。

 

睡眠は心身の健康にとても大切です。

 

ねてるあいだに筋肉やぞうきを休ませたり細胞をもどしたり脳の記憶をととのえたりするからです。

 

寝てる時に疲れた体を自然にいやしてくれるとても大切なものが睡眠なんです。

 

寝てる間は、脳が覚醒している状態とよく眠っている状態の2つが交互にくるんです。

 

そして目覚める時に近づくと、脳が休む時間が多くなるのです。

 

そして脳が活発になってるときに目が覚めるとすっきりと起きれるんです。

 

起きた時にだるいな〜〜って思う人は、脳が休んでる状態でおきちゃった人ですね。

 

朝目を覚ましてから強い日差しを浴びると体でセロトニンというものがつくられます。

 

これは体と心のバランスを整えてくれて、精神的な安らぎを与えてくれます。

 

起きてから15時間が経つとセロトニンがメラトニンに代わります。

 

メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれて夜になると心拍数や体温を下げてゆっくりとした睡眠を促してくれます。

 

また、7朝方にホルモンの分泌が増えてきて、それに伴って、体温があがってくるのです。

 

そして交感神経が優位になります。

 

こうやって、人間は目覚める準備をしていきます。