MENU

ゆっくり気持ちよく寝るために必要なものとしてマットや毛布などの寝具に気を使いましょう。
そして部屋も大切です。

 

できる限り広さや匂い、光の量、音、温度などにも気を使い快適に睡眠をとれる環境を整えることが大切です。

 

全部はむずかしいので、できるかぎりのことをして環境を整えましょう。

 

温度は33度がちょうどいいと言われています。

 

そして湿度はちょうど50パーセントぐらいです。

 

冬などは得に乾燥しますので、潤うように工夫が大切です。

 

体温調節のためにすぐできるのはすのこのベッドはおすすめです。人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかくといわれているので、

 

湿気や蒸れは簡単に対応できます。

 

問題はダニや害虫防止ですね。

 

 

敷布団のポイントとしましては保湿性や快適支持性、クッション性を重視する方がいいかと思います。

 

特に下に敷くマットレスは睡眠に大きな影響を与えます。

 

マットが悪いと普段の私生活や生活習慣が良くても寝ている姿勢が悪いだけで肩が凝ったりしてしまいます。

 

腰痛が起こるのも事実です。

 

しかし、マットレスの素材や硬さなどは、向き不向きがありますので、できたらおためしをしてみて

 

それで効果があるのか心地よく眠れることができるのかテストしてみるのがいいでしょう。

 

硬いところでねてしまいますと、骨が下にあたって血管が収縮してしまったり、神経が悪くなったり

 

しびれがきたりしますので寝ている間に疲れが来たら、マットレスは買い換えた方がいいですね。

 

 

枕のポイント

 

頭と頸椎部分(首筋)の自然な湾曲を保ち、すきまをピッタリと安定感を持って埋める枕が理想。

 

@高さ

 

高いと首が曲がって苦しくなり、背中に負担がきて、血行が悪くなったり肩がこる原因になります。

 

低すぎるとしたが喉の奥にいき期間を狭くしていびきの原因になり、血圧を上げてしまいます。

 

いびきをかく人は、枕の高さをちょっと高くしてみるなどしてみると解決する人もいますので一度試してみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

よく読まれている記事

 

モットンの口コミと評判

 

 

モットンの価格を徹底比較!

 

 

人気のセミダブル!最安値は?