MENU

先ほどのメリットで保温性が高いとご紹介しましたが、 実はそれは通気性が低いというデメリットにもなってしまいます。 低反発マッ
低反発の素材の多くはウレタンが使われています。

 

ウレタンは温かい部分が柔らかくなって、形が変わった部分が戻るという特徴があります。

 

ゆっくり戻るということは空気がはいりにくくなるってことです。だから、通気性があまりよくないんです。これが低反発マットレスのデメリットですね!通気性に問題あり。

 

マットレスは表面密度が高いので、汗を吸収しにくいんです。これが蒸れの原因になってしまいます。そしてじめじめした感じは

 

特になる場になると、夜寝苦しいですよね??低反発を使っている人の多くが言うことですが、夏場は寝心地が良くないとのことです。

 

寝心地を追及するなら低反発はお勧めできません。

 

しかし、最近の低反発は、高反発に近づくためたくさんの努力をして問題解決に努めているようです。

 

以前私が使っていた低反発は、やっぱり通気性に問題がありましたが、最近はどうでしょうか??

 

耐久性に問題がある!!

 

私の中ではこれが一番の問題ですね!!通気性は冬場はあまり気にしませんが、耐久性はずっと気になります。

 

低反発は素材がやわあrかいので、長く使用しているとへたってくるんです。2,3年も使ってくるとへたってきますね!

 

私は3年で新しく買い替えました。

 

体重が重い人には向かない!

 

低反発は、からだにピッタリ沈むことで、体の圧力を分散させる働きがありますが、これが体重が重い人だと

 

効き目が弱いんです。体重が重いとお尻や肩などの沈みがおおきくなり、分散できなくなるんです。

 

だから、体重の重い人、背がかなり高い人、スポーツをしてたくさん筋肉がついているひとには

 

低反発マットレスはあまりお勧めできません。

 

ですので、体重が平均的なっひとや筋肉がかなりあるわけではない人におすすめですね。

 

体重が重い人はへたりも早いようです。

 

 

低反発や高反発にはそれぞれにメリットやデメリットがありますので、できることなら

 

両方試してくれべてみることがいいかと思います。実際に使ってみることで人のうわさではなく

 

本当のいいところやわるいところを知ることができますよ。

 

低反発でも2,3年で取り換えるならば、全然ありかと思います。

 

しかし、10年近く使いたいなら断然高反発マットレスがおすすめですね!

 

 

 

 

よく読まれている記事

 

モットンの口コミと評判

 

 

モットンの価格を徹底比較!

 

 

人気のセミダブル!最安値は?