MENU

低反発マットレスとは

低反発マットレスはもともとはアメリカのNASAが開発したということを聴いたことはありますか??

 

宇宙飛行士の負担をやわらげるために開発されたのがこの低反発なのです。

 

せまいロケットの中では効率よく体重よりも重い力を吸収しないといけません。

 

NASAが開発したとは言われていますがNASAが作ってるわけではありません。実験に参画してるんです。

 

低反発の素材

 

手で押したり、乗るとゆっくり沈みます。そして手を放したりそこから降りるとゆっくり戻るのが特徴です。

 

ウレタンという素材が使われている場合が多いです。

 

マットレスだけでなくよくあるのが枕ですね。あと座布団やいすなどいろんな商品で使われています。

 

しかし低反発の素材は様々で重さやへにゃの温度にすごく違いがあります。

 

低反発の特徴

 

人が押したり寝っ転がったりするとゆっくり沈み離すとゆっくりもどります。

 

体温で温かい温度を感じるとゆっくり沈み、温度が戻ると基にもどります。

 

手のひらを押し付けると手の形が残ったり、寝ていた姿勢がそのまま残ったりします。

 

力と温度にも影響を与えます。

 

低反発の厚さは??

 

低反発のマットレスの厚さは5〜15センチぐらいの商品が多いようです。

 

商品の素材や使う人の体重や体調によってちがいますので、どれでもみなさんに合うわけではありません。

 

薄すぎたり暑すぎたりしてもよくないと言われています。

 

私自身は以前けっこう厚い低反発を使用していましたが、厚すぎは結構良くないですね。

 

寝た感覚はいいのですが、長時間寝るのには向いていません。経験した人にはわかるかと思います。

 

また、厚さは品質(反発力)によって違います。

 

低反発のお手入れ

 

基本的に水洗いはよくありません。

 

直接日光に当てると品質に変化が加わりますので、日陰にほすのがいいです。

 

洗えない、せんたくできないのがデメリットですね。

 

 

 

 

よく読まれている記事

 

モットンの口コミと評判

 

 

モットンの価格を徹底比較!

 

 

人気のセミダブル!最安値は?