MENU

腰痛の原因とは?

腰痛

 

腰痛にはいろいろな原因がありますが、原因がわかっているのはわずか15パーセントほどといわれています。残りの85パーセントは原因が特定できていないんです。特に多いのは腰椎が直接圧迫されておこる骨折や椎間板ヘルニアなどがあります。その他にも細菌による感染やがん、臓器や血管の病気で腰痛が起こることもあり、いろいろな要因が考えられます。

 

のこりの85%の原因は、レントゲンなので検査しても原因がわからないんです。生活習慣やストレス、不眠など精神的なものも影響しているパターンも多いようです。見た目にはわからない精神障害も原因となることがあります。

 

原因がわかる腰痛

腰痛の原因には大きく2つに分けられます。

 

@腰椎を直接刺激するもの

 

A腰椎を刺激せず、臓器の周りにある神経を刺激するもの

 

 

 

@については椎間板ヘルニアや背骨の骨折などで腰椎に異常が生じている病気だけでなく感染症やがんなどの危険な病気もあります。

 

だから、たかが腰痛と考えてはいけません。腰痛の時は一度は病院へ行って診察を受けた方がいいです。

 

Aについては消化器官の病気や泌尿器間の病気、子宮系の病気などがあります。

 

【症状】

 

腰痛の症状は、文字通り“腰の痛み”です。しかし腰痛の原因はさまざまであり、原因に応じて腰の痛み方も少しずつ異なります。

原因が特定できない腰痛

画像検査などで腰痛の原因がはっきりと特定できない場合

 

身体的影響・・・長いあいだ同じ姿勢でいる仕事、運動不足、メタボ、冷え症

 

心理・社会的影響・・・ストレスの多い職場、不安、不眠など神経の障害神経の障害

 

神経の障害・・・神経の障害

 

腰痛が慢性化する原因

慢性化してしまった腰の痛みは筋肉の炎症の痛みと神経の痛み、そして精神的なことがまざわった時です。

 

腰が痛くて、体を動かさないようになると、それが精神的なストレスになってしまいます。

 

心のストレスが進むと神経が敏感になって、さらに腰の痛みがひどくなってしまいます。それによって慢性化が進んでしまいます。

 

腰痛で悩んでいるなら、一度大きな病院に行ってみるといいでしょう!

 

腰痛でお悩みの場合は、整形外科を受診し、命にかかわる病気がないことを確認することがまず大切です。

 

医療機関では問診や診察、X線検査やMRI(核磁気共鳴画像法)などの画像検査を行い、腰痛の原因にあった治療を組み合わせます。

 

もし、原因がはっきりしない場合は、心理・社会的要因や神経障害性疼痛の可能性もあります。