MENU

モットンの耐久性

モットン

 

モットンのいいところは、耐久性が優れている点のようです。

 

私がモットンを使用して1年ちょっとが経ちました。まだ1年ちょっとしか使ってないのでへたれることはないですが、長い間持つようです。

 

実際に発売されてまだ2年も経ってないので実際のところはよくわかりません。

 

しかし、販売前に耐久実験には力を入れているようです。

 

普通のマットレスは5年ぐらい持つといわれていますが、モットンは耐久性が普通のマットレスの3倍の15年は持つようです。

 

耐久実験の試験方法は、1分間に60回、布団の厚みが半分になるように圧縮し、8万回に達した時点で30分間放置。その後、再度厚みの計測を行い、歪み率を算出しているようです。

 

仮に1日に平均で20回の寝返りをすると考えると、年間7,300回(20回×365日)寝返りをすることになります。

 

約11年間使用しても、4%へたる程度ということになります。

 

ちなみに低反発のウレタンなら30%へたる計算です。

 

なので、モットンのへたりはかなり少ない方だと思います。

 

ベッドマットレスのへたりが気になる人は、モットンは結構おすすめかと思います。

 

また、素材のウレタンフォームはダニやほこりを出しにくいという特徴もあります。

 

以前わたしがつかってた低反発とは、掃除の時に出るごみの量が全然違います。

 

マットレスは掃除する時、ベランダで棒でパンパンするんですが、以前はかなりほこりが舞っていましたが、モットンに変えてからはだいぶほこりが出る量が減りました。

 

科学の進歩はすごいなと思います。

 

取り外し可能なカバーが付いているので、カバーをこまめに洗うと、清潔感を保つことができます。

 

モットン

 

メリットとしては、洗えないってのがありますが、1,2回なら全然洗ってもいいかと思います。

 

わたしは2回ほどコインランドリーで思い切ってマットレスを洗ってみましたが、どうもありませんでした。

 

わたしは、けっこうダウンのジャンバーとかズボンとか洗うといけないものも洗ってるタイプですが、素材によっては意外と洗っても大丈夫なものもあります。

 

モットンの場合も同様で、数回なら洗っても大丈夫です。

 

ですので、もし、汚れが気になったり、たまに染みついた汗を取り除きたい時はコインランドリーで念入りに洗ってもいいかと思います。

 

おすすめはできませんが、まあやっても大丈夫ってことですね!

 

 

 

【よく読まれている記事】

 

モットンの口コミと評判

 

 

モットンの価格を徹底比較!

 

 

人気のセミダブル!最安値は?